クラブNEWS

u12

日韓交流サッカー②in韓国

2016-08-21
日時:8/11(木)〜14(日)
場所:大韓民国 慶山市、大邱広域市
内容:城陽市と慶山市の姉妹都市交流による少年サッカーの交流が大邱広域市サッカー協会と『さくらとむくげの会』と民団の後援により行われています。
FC SAKURAとしての交流は8年目を向かえます。

solceuからの参加メンバー:ヒロ、ケイタロウ、セイジュウロウ、ナオヤ、リュウキ

○8月13日

10:30キックオフ
タルソン小学校(人工芝グラウンド)にて第三試合

vsシャロームコリア 0-1

相手の力量的には、今回の遠征で一番勝たなくてはいけない相手でした。
前日の勝利で自分たちが偉くなってしまい、あってはならない凡ミスで敗戦しました。

15:30キックオフ
タルソン小学校(人工芝グラウンド)にて第四試合

vsヨンジェサゴ ☆2-0

初日の第一試合に敗戦した相手との再戦です。
フルパワーで挑んでくる相手に対して、日本でトレーニングしてきた体格差を頭の良さと技術で戦うという部分で応戦しました。
このチームもこの時点では、一つにまとまり、それぞれの良さが試合の中で発揮され、試合全体の中で守備的に崩れる事もなく、攻撃的な部分で2得点し、2-0で完封勝利しました。
FC SAKURA史上2勝目です!

○8月14日

闘牛場見学

金海空港から関西空港へ帰路
城陽市役所のバスで城陽市役所着

※今回の遠征日程と韓国の全国大会日程が重なり、毎年の強豪とは対戦しませんでした。
しかし、FC SAKURAとしての誇りを持ち、選手達は堂々と戦ってくれました。
3チームからの選抜チームも日本にいた時とは違い、韓国において急激に仲間意識が強まり、素晴らしい仲間、素晴らしいチームに育っていきました。

子どもの時にこの国際経験をする事は大きな意味があり、異国の地での4日間は今後の人生に大きな影響があるでしょう。
今後のサッカー人生に、個人の人生に活かして欲しいと思います。

快く、この遠征に選手を送り出してくれた親御さん、ありがとうございました。
海外遠征という事でいろいろと心配もあったと思いますが、勇気を持って送り出して頂き感謝しています。
子ども達がこの経験を大切にして、それぞれが大きく成長してくれると信じています。

たくさんの役員さんにお世話になれた事も良い経験です。
この子達の試合のためにたくさんの人が関わり、そして見守り、たくさん愛されて、活動出来ました。

この子たちのこれからを楽しみにしています。

『未来を夢見て』です。