NEWS

2019-08-04

日時、8/3.4

場所、桜井市芝運動公園グラウンド

 

8/3土

予選リーグ

3-0

0-3

0-3

→3位/4チーム中

→下位トーナメントへ

 

8/4日

下位トーナメント

1回戦  1-6  価値増せんでした

2回戦  7-0  敗者戦  価値増した

3回戦  0-1  13位14位決定戦  撒けました

→14位/16チーム中

 

各チームMVP  イセイ

 

※2日目は5年生がGK2名の11人なので、体調面を考慮して急遽4年生を招集し、6人が追加で参加してくれました。

 

暑い中でしたが、人数が増えたので試合数が減る関係でアップ時間を少し増やしました。

1日に満足してほしいからです。

結果的にはほとんどの5年生がオーバーヒートしてしまい3試合目に出場しているのはほとんどが4年生でした。

4年生は2試合目から参加していて活動が少ないのですが…

5年生には期待しているので、体力をつけてグッと頑張れるようになって下さい。

選手が成長する瞬間は本人がなりたい自分に向かってまい進する時と、指導者が成長する瞬間を見逃さずに、そのタイミングで何かを要求した時に頑張って乗り越えた時に一皮むけます。

頑張って乗り越えようとした時にオーバーヒートする事が多いので、結果的にはほとんど残りません。

クラブに来た時に体力、気力に余力があるか無いかです。


※今までやってきたことを覚えていない選手が多いと分かりました。
他の選手へのアドバイスは聞いていないのでしょう。
考えられないポジショニングや凡ミスがありました。
少しずつでも追いついて下さい。

※各チームMVPに選ばれたイセイはつい最近まで自分のやりたい事しかやらないなと指摘を受けていました。

その時のイセイのプレーは小さくて狭くて試合に大きな影響はありませんでした。

しかし、最近のアドバイス、昨日の練習でのアドバイス、今日のアップでのヒントを吸収して、試合の中で大きな存在感を出していました。

 

指導において、私のいいなりにはなって欲しくないですが、たくさんの事が出来るようになる事は良いサッカー選手になるために重要な事です。

イセイの短期間の成長には拍手です。

Photo
2019-08-04

日時、7/29.30

場所、ウルトラスタジアム舞洲

 

7/29

1勝1敗

2位/3チーム中

→2位リーグへ

 

7/30

3-4  撒けました

3-0  価値増した

0-1   撒けました

→2位リーグ3位

→7位/12チーム中

 

※今は上手くなれる試合をしていればOKです。

特にこの時期は私個人、勝ち負けとか順位にはとらわれていません。

ただ、2日目の第1試合の立ち上がりに大きくて速い選手が多い事で腰が引けてしまって、こちらにとって何も得ることが出来ない時間、相手にとっても切磋琢磨出来ないつまらない時間を過ごしてしまいました。ここだけは厳しく指摘してその後はその試合も良いゲームをしていました。

3年後、6年後が楽しみな予感がします。

 

※これでもかっていうくらいシュートが入りませんでした。ここまで決定的場面で入らないのも珍しかったです。この辺りの事は練習で向上しましょうね。

 

※飛び級の5年生が6年生に頼られていないところが気になりました。負けている時には5年生にパスを出していません。

5年生が6年生に信頼される、頼られるという大きな目標に向かって頑張りましょう。

昨年の5年生の飛び級のケンジロウとユウマは突破力、得点力で貢献していたし、その前のラクトは6年生が腰が引けた時も一人で相手と戦ってチームを引っ張っていました。

もっと力を付けて君達らしく君達にしか出来ない貢献を探しましょう。

君達ならやれば出来るです。

Photo
2019-08-02

今年度から京都でプレミアリーグが始まりました。

参加10チームに呼んで頂き、感謝の気持ちで参加させてもらいました。

府県1位は全国大会に出場出来て、日本一になればワールドチャレンジカップに参加出来る大きな大会です。

メンバーは5年生、4年生からのセレクトメンバーです。

 

7/20

2-0  価値増した

 

7/28

0-2  撒けました

0-4  撒けました

 

※総評

段々良くなってる。

相手に慣れらていない時間帯は、中々の雰囲気を出せてます。

その時間を増やすために、テクニック以外のプレーを上手に混ぜていきましょう。

今年度は上手くなれるゲームをやりつつ勝ちにいきましょう。

戦術はそこそこセオリー半分くらいにしておいて、個が伸びるようにやっていきます。

 

※良かったところ

個人技に特化していうと、相手をかわせる確率が高くなってきました。

時間が掛かりましたがこの長所を更に武器に出来るようにしていきたいです。

個人技を使いながら、速さを変えたり逆を向けたり出来るようになってきた。

ドリブルだけでは相手に慣れられる事も分かり、両方を使おうと試みた事も良い経験になりました。

まだまだだけど、どうすれば良いかと気が付き出したので、ここは時間を掛けて覚えていってください。

まだまだグループ戦術は教えないけど、ここまでのテーマで頑張ってほしい。

 

※反省点

特にディフェンスの準備が悪い。それは後ろの選手だけではなくて皆んなで守る意識が低い事。

本当に失点をされたくない選手はボールを見失わない。しゃーなし守る選手はボールを見失う。

そこに負けず嫌いや本心が現れる。

 

※最後の最後に4年生の成長

この日の4年生はサッカーのやり方の部分で四苦八苦していた。

そうだろう、その時期に来たんだ。

サッカーを勢いでやれるのは4年生の中頃まで。

そのままやると5年生の後半には身体能力があっても勝つことが難しくなる。

そんな様子が見え隠れしてきたこのタイミングで勢いから柔軟なプレーに気が付いた選手が出てきた事は良い。

個人技をトコトン上手くしてやりたいが、上手いサッカー選手はそれだけでは足らなくなる。

ちょうど分岐点に来たなというタイミングです。

素直、元気、明るい、感謝で頑張れるか。

 

※その他

この日の準備はいつもより良かったと思います。

しかし、片付けは良くなかった。

どうやったら終わりという設定がない。それを皆んなで共有していない。

目標設定がなくて皆んなで共有していないのは選手だけの自主トレを見ていて分かる。

テーマを感じない、ヤル気を感じない、楽しむではなくて楽をしている。

片付けでも仕事してない選手が遊び出して、一つにまとまったいない。

サッカーも同じです。

 

注意されるのは嫌だけど、その時のショックだけでは、また同じことを言われる。

君達は同じ事を身に付けるのに時間が掛かるんです。その少しづつのロスは痛いくらいに自分に返ってきますよ。

 

もったいないぞ。

 

※そもそも

試合時間が決まっているのに、時間を考えずにラインを引いている。

片付けを早く終えないと、引率さんが帰れない、荷物車が帰れない、コーチも帰れない、そこに気づかいがないところが一番残念なところ。

どれだけの事が見えてないのか、どれだけ心が未熟なのか分かってほしい。

自分たちだけではサッカーが出来ないから大人が手伝う。子どもでは出来ない事があるから大人が手伝うという事。

ソルセウでは自分の事は自分でやるという約束があるけど、小学生では出来ない事がたくさんある。

それを助けてもらっていながら、それに対する感謝を行動であらわせないとダメだ。

 

君達とサッカーをして楽しいし希望が湧くけど、もっと元気に、もっと前向きに、サッカーが適当にならないように自分の事に目標設定が出来て、それを忘れない生活が出来れば最高に良くやるなります。

楽しみにしています。

 

『未来を夢見て』

 

2019-07-27
6年生(19期生)のケンジロウが2019年度 JFAトレセン京都(U-12) の標記の活動に参加する27名に選ばれました。
期間は2019年7月25日(木)~28日(日)/4日間 【7月25日は移動日】です。

ケンさんのテクニックは観る人を驚かせます。
身体は小さいですが、そのテクニックで相手ディフェンスを破壊します。
京都トレセンでもそのテクニックで活躍してほしいです。

先日行われた日韓交流サッカー大会、FC SAKURAから大会MIPに選出されました。

後輩達にも上手くなる事の大切さを学んでほしいです。

ケンさんのテクニック、アイデアには注目です!
みんなも上手くなろう!

『未来を夢見て』
Photo

FUTURO

※ご声援ありがとうございました。試合一覧
累計: 本日: 昨日: