NEWS

2019-11-09

 

吉祥院グラウンド

 

1回戦 10-0  価値増した

2回戦  2-0  価値増した

 

※総評

1回戦は今までトレーニングしてきた事が良く出ていて得点を重ねる事が出来ました。

全国大会予選という中で気持ちが空回りする事なく技術をしっかり発揮していました。

この部分は意外と難しいので、良い評価をしてあげたいです。

また、5年生も含めて全員が試合出場出来たことも良い結果となりました。

 

2回戦はとても難しい試合になりましたが、結果的には本当に良く頑張って得た勝利となりました。

今まで勝ったことの無い相手との試合は立ち上がりから自陣に押し込まれる展開となり、相手が攻めてこちらが守るという時間が過ぎていきました。

いつもなら失点を重ねるかというところですが、選手たちが上手く対応して失点に関しては無失点という形で試合を終えることが出来ました。

攻撃の部分では本来持ってる上手さは影を潜め、単調な攻めしか出来ませんでした。

しかし、個人が持つ破壊力で相手の隙を突いて得点したり、コーナーキックからヘッドで決めるなど少ないチャンスしっかり決めた事も成長した事と思っています。

 

最後に…

公式戦で緊張するのは当たり前、だから心の問題も大切にしています。

大切なのは『楽しんだか?』『ワクワクしたか?』『元気いっぱいだったか?』という事。

試合に出るなら絶対にそうであってほしい。

思いっ切り自分から動こうよ。

 

ソルセウは公式戦でも練習試合でも『上手くなれる試合』をしたいのです。

そのために大好きなサッカーをもっと楽しみましょう。

 

『未来を夢見て』

Photo
2019-11-09

 

莵道第二小学校グラウンド

 

莵道さん主催の6チームの大会

予選リーグ1ブロック3チーム

ブロック順位同士で決定戦

 

予選リーグ

6-1 価値増した

3-1 価値増した

 

決勝

4-1  価値増した  優勝 V2

 

チームMVP  そうし

 

※総評

よく頑張って優勝しました。

攻撃における技術は良くなってきました。

仲間と崩す感じは素晴らしい。

 

サッカーは楽しむもの。

だけど試合に消極的なのは何故。

スポーツは楽しいもの。

もっと気持ちや行動を前向きにして行こう。

調子が出なかったり元気が無い選手がいた時は仲間が励ましてやるとか、そんな感じで頑張っていってくれるといいですね。

皆んなに強いキズナが出来て、本当の仲良しになってほしい。

 

どんな試合でも上手くなれるように取り組んでいます。

この大会では上手く試合を進める為にどうすれば良いかという事を考えながら進めました。

サッカーは相手がある事。

楽しくやりたくても邪魔される。

それを回避するには。

自分たちの上手さを出すためには、それなりの準備とタイミングが必要。

相手の攻撃の邪魔も大切です。

 

勝ち方は教えません。

個々のサッカーの質の幅を広げたいので、そんなやり取りを進めています。

3年後、6年後の活躍のために。

 

『未来を夢見て』

 

※莵道さんありがとうございました。

対戦して頂いたチームの皆さん、ありがとうございました。

Photo
2019-11-04

みどりヶ丘第二グラウンド
 

1回戦 1-2  蒔けました

※総評
 

やれば出来るじゃないか。

いつもやる気出せよとか、走れよとか言われてきて、それでも何となくやってきた、

今日の君たちは見ている人をワクワクさせた。

今日の君たちは見ている人を感動させた。

『やる人も見る人も楽しいサッカー』でした。

試合終了のホイッスルが鳴って君たちが泣いた時、その涙に感動した。

保護者も泣いた。

Kチームの応援団にも泣いている選手がいた。

新しいスタートだと思いました。

いや、厳しく言うと、これが新しいスタート地点に立てたという事。
 

やれば出来る事を知った。

人を感動させられる事も知った。

君たちも人を感動させられるサッカー選手になったんだよ。

だから、これを日々の努力で続けてほしい。

 

「位置についてー、よーい」

 

 

『未来を夢見て』

 

Photo
2019-10-26

「試合に出ろ」と言われ続けると試合に出る事が
大事になってしまう。



「Kチームに入れ」と言われ続けるとそれが
大きな目標になってしまう。
「試合で活躍しろ」と言われ続けると失敗を恐れるようになる。


そんな思いを詰め込んで頭の中の隙間が無くなってしまう。



いつの間にか『こんな選手になりたい』とか『こんなプレーをしたい』という夢やイメージを失ってしまう。


試合に出ても一所懸命の中にアイデアやイメージが無い子が多い。


何が上手くいって、何が上手くいかなかったとかが無いまま育成年代の時が過ぎていく。



頭の中にたくさんの隙間を持っていて、その隙間でアイデアや目標を持って欲しい。



失敗をたくさんして成功の糧にするためには頭の中の隙間が整理されている必要がある。



頭の中に余裕は有るか?



自分以外の人の目標や希望を詰め込んでいては本当の楽しさには気が付かない。



サッカーは自由なスポーツであり、アイデアやイメージを表現出来る楽しいスポーツだ。



試合の流れの中で、2度と来ない瞬間を操れるようになる為には『頭の中の隙間』が必要だ。



何部リーグとか公式戦とか大会とか関係なく『やりたいプレー』や『仲間とのハーモニー』
を楽しんだり感じる余裕は有るか?

育成年代の小学生、中学生に必要な事の一つに選手自身の頭の中に隙間があるかというとがある。

それも環境に影響されるから気を付けたい。


サッカーを学び、楽しみ、人生を謳歌する事も知ってほしい。

自由って素晴らしい。





未来を夢見て

Photo

FUTURO

※ご声援ありがとうございました。試合一覧
累計: 本日: 昨日: