クラブNEWS

all

熱中症対策

2005-06-07
まずは、家庭での生活習慣が大切。不摂生な生活による睡眠不足、好き嫌いによる栄養不足の状態で練習に参加しても、十分なパフォーマンスを発揮するどころか、体調に悪い影響を及ぼします。子供は基本的に甘えたり、楽な生活が好きです。だから、まわりの大人が根気よく指導することが大切です。子供のコンディションの維持は第一にご家庭でお願いします。
*水分補給のポイント
1.「乾いたなと思う前に飲む」250~500mlを数回に分けて。
2.運動30分前に飲む・運動中は20分毎に一口~200mlまで。
3.運動後には食事での食べ物を含め就寝まえまでに体重減少分。
4.温度は常温、5~15℃に冷やしたもの。
5.成分(運動中)は塩分濃度0.1~0.2%、糖度3~5%。スポーツドリンクを1/2に薄めたもの。水と一緒に食塩をなめてもよい。炭酸飲料・甘すぎるもの・カロリーゼロ飲料は不適。
*帽子着用
・ 予防には医学的な方法がありますが、帽子などで直射日光から頭を守ることや、休憩中はしっかり日陰で休むことも重要な対策になります。

最終的にはU-12の段階で、選手自ら体調管理することを目標とします。電車・バスで移動していること。練習の準備は全て選手がしていること。子どもの自由な発想で試合をしていること。全て同じ意味です。FC solceuでは君たちをしっかり“大人あつかい”しています。自分で自分のことをしてください。大切なのは“子どもが自ら自立しようとすること”と“大人がジャマしないこと”です。
よろしくお願いします。
FC solceu 最高!!!!!