クラブNEWS

topic

藤谷コーチのつぶやき 「物思いに耽る」

2015-06-23
黄昏と勘違いしていた自分の大好きな時間。
目まぐるしく過ぎていく日々がその自分の大好きな時間を消し去っていく。
でもふと訪れるその時間はイメージを、思いを何倍にも変えてくれる。

大事にしたい時間はその都度ある。
でも少し落ち着いた目線で自分を見つめたい時間がある。
人生の分岐点でもあった3年前の自分が夢見た姿に今、自分があるだろうか。

中学生には必要な大事な期間がある。
それがテスト期間。
サッカーから少し距離を置き一、人間として自分の現状を確認し思いを膨らませる。
早くサッカーがしたい選手や一捻りを入れて帰ってくる選手。
また、自分の立ち位置を確認して落ち込んで帰ってくる選手。

我に返ることは落ち着く上で必要である。
でも勢いも必要でその期間勢いも出てくる場合もある。

では大人のアップデートはいつにするのか。
それは「節目」ではないだろうか。
四季、需要期、年度など様々である。

でも世間では節目を迎えているが、いまひとつ乗り切れない。
乗る気もない。
現状を見て今新たな変化を欲している。
アップデートが急務である。

選手達の存在にあぐらをかいているわけにはいかない。
自分自体にメスを入れなければ。

明らかに目標が3年前よりも高くなっている。
積み上げてきた証だ。
それに埋もれる事なくこの世界で生きる為ではなく勝つ為に必要な事。

それが分かる夏になるのか。
夏の準備段階でなるのか。

ここにしかない輝けるモノを創る。
今ある姿を進化する為の思い、イメージが必要だ。

選手達を違った目線で見てみること。
環境を変えるきっかけになる。

選手達の為に「今」何ができるか。

「他人からどう言われようがそれでいいかどうかは自分で決める事だ」

未来を夢見て

藤谷