u12

6年生Pチーム 全日京都予選の結果 11/6

2021-11-09

@伊佐津川G

 

1回戦 0-9

 

by    津村コーチ

 

6Pの全日を終えて

 

普段、関わることがほとんどないチームであったが、率直な感想を言わせていただくと攻撃に関わる人数が圧倒的に少ない印象!4-2-1のシステムのようだが、攻撃は常に2人くらいで単調さが目立ち、ドリブルで仕掛けることもなく、パスを優先選択する消極的なプレー、さらに、サイドの選手が駆け上がり攻撃にバリエーションをもたらすわけでもなく、味方が攻撃している際も、なぜか押し上げがない!それが、FWとDFに間延びが生じ中盤にスペースができることから、味方のサポートに対応できず、相手のクリアボールを拾えないことから攻撃の厚みを感じることがない!また、個では、よく頑張っていたと思うが、チームとして同じ方向を向いて戦っておらずバラバラの感が否めない。ハーフタイムにも、0では終わりたくないので1点を取りにいこう!と話していたのに、プレーにその気迫を感じない。

ただ、勝ち負けも大事ですが、一番寂しく感じたのが、自分自身の成長の歩みを進めようとする、ドリブルであったり、コースを狙ったシュート、相手の裏をとるスルーパス、我慢強く相手を封じ込める守備などの拘りのプレーが少なかったこと。前日の5年生との紅白戦ではできていただけに、何故!って感じました。

年明けに最後の大会があるので、残された時間は少ないが、もっともっと攻める、厚みのある攻撃的なサッカーを期待したい。チームで得点して、応援してくれる方々に、みんなの喜ぶ顔を見せてほしい!

みんなの力を合わせて、得点することに大いに拘ってほしい。

 

短い時間でも、取り組む姿勢、強い気持ちがあれば必ずチームに変化をもたらすことができると思うので、とことんもがいてチャレンジしてください。

 

最後の大会で1勝目指して頑張れ!!

 

※選手用memo(たまに見て考える材料にしてください。)

 

今回は津村コーチのコメントにて

 

『未来を夢見て』

 

※保護者の皆様

応援ありがとうございました。

審判部、荷物車等の支援ありがとうございました。